一般社団法人 千葉県トラック協会

行政機関より

平成29年度自動車点検整備推進運動における大型自動車の重点点検の実施及び報告について

※こちらの内容は、事前に該当される会員事業者様へFAXさせて頂いております。

「千葉運輸支局より」

 大型自動車(車両総重量8トン以上又は乗車定員30名以上の自動車をいう。以下同じ)については、近年、車両の使用年数が伸びることにより、車齢が高いものが増え、総走行距離も伸びる傾向にあります。また、バスの車両火災、大型自動車の車輪脱輪事故や車体フレーム腐食による事故の防止については、これまでも日常点検整備、定期点検整備の励行の周知をお願いしているところですが、依然としてこれらの事故が発生している状況にあります。
 これらの状況を踏まえ、平成29年度自動車点検整備推進運動の一環として、下記のとおり大型自動車の重点点検を行うこととします。
 今般、道路運送車両法第48条で定める定期点検整備を行う大型自動車については、下表の重点点検項目を特に留意して点検を実施されるとともに、その点検結果をご報告頂きますようお願い申し上げます。

案内文書

・“別紙”重点点検報告様式(PDF)(Excel)

トップへ戻る