一般社団法人 千葉県トラック協会

協会からのお知らせ

「貨物自動車運送事業輸送規則の解釈及び運用について」の一部改正について(睡眠不足)

 
睡眠不足に起因する事故の防止対策を強化します!!

 

バス・タクシー・トラック事業について、運転者の睡眠不足による事故の防止を一層
推進するため、睡眠不足の乗務員を乗務させてはならないこと等を明確化し、点呼簿の
記録事項として睡眠不足の状況を追加します。

居眠り運転に起因する事故を防止し、また、働き方改革を進める観点から、運転者の睡
眠時間の確保についてバス・タクシー・トラック事業者(以下「事業者」という。)の意識
を高めるため、今般、旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則を
改正します。
1.改正の概要
①旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部改正
・事業者が乗務員を乗務させてはならない事由等として、睡眠不足を追加します。
・事業者が乗務員の乗務前等に行う点呼において、報告を求め、確認を行う事項として、
睡眠不足により安全な運転をすることができないおそれの有無を追加します。
・運転者が遵守すべき事項として、睡眠不足により安全な運転をすることができない等の
おそれがあるときは、その旨を事業者に申し出ることを追加します。
②「旅客自動車運送事業運輸規則の解釈及び運用について」及び「貨物自動車運送事業輸送
安全規則の解釈及び運用について」の一部改正
点呼時の記録事項として、睡眠不足の状況を追加します。又、点呼記録に記載とともに運行管理規定の点呼処理要領にも記載を追加してください。

※千葉県トラック協会購入の(H29改正版ピンク)運行管理規程の冊子におきましてはこちらより印刷可能です。P10に追記ください。
 

▽こちらをクリックすると印刷ページ

トップへ戻る