一般社団法人 千葉県トラック協会

適正化事業実施機関

安全性優良事業所認定制度

安全・安心が見える信頼の「G」マーク

〜安全性優良事業所とは〜

 これからは今まで以上に安全性の視点から優良なトラック運送事業者が選ばれる時代です。利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするために、全国実施機関では事業所の法令遵守状況などを正当に評価し、安全性優良事業所として認定を行っています。Gマークは優良事業所のみに与えられる安全・安心・信頼の証しです。

きめ細かな認定対象

 安全性優良事業所の認定の対象となるのは会社単位でなく事業所単位で、現在、全国で23,414事業所(平成28年12月15日現在)のトラックがGマークを付けて走っています。認定の有効期間は基本的に2年間ですが、平成19年度から認定回数によって、有効期間が変わりました。一回の更新で3年へ、二回目以降の更新で4年の有効期間となります。

公平な評価

 応募された書類は、地方実施機関で受け付け、全国実施機関で審査を行い、安全性評価委員会で公平に評価・決定されます。委員会は学識経験者、労働組合関係者、荷主団体、一般消費者、国土交通省職員および全国実施機関担当役員で構成されています。

38項目にわたる厳正な評価

 「安全性に対する法令の遵守状況(40点満点:基準点数32点)」「運輸安全マネジメントの取組状況(3点)」「事故や違反の状況(40点満点: 基準点数21点)」「安全性に対する取組の積極性(20点満点:基準点数12点)」の3テーマに38の評価項目が設けられています。Gマーク100点満点中評価点数の合計点が80点以上(「スキーム」参照)を取得し、社会保険加入などその他の認定要件を満たした事業所が「安全性優良事業所」として認定されます。

挿絵1 挿絵2
 

スキーム
インセンティブ

 

トップへ戻る