一般社団法人 千葉県トラック協会

令和3年度 交通事故・労働災害防止大会

 去る2月15日(火)TKPガーデンシティ千葉において千葉県トラック協会及び陸災防千葉県支部の主催、千葉運輸支局、千葉労働局、千葉県、千葉県警察本部、千葉日報社の後援による令和3年度「交通事故・労働災害防止大会」を2年ぶりに開催いたしました。コロナ禍で「まん延防止等重点措置」が適用されていることを受け、通常の定数から半数以下で参加を募り、当日は約300名のご参加を頂きました。

大会では、「セーフティチャレンジ2021」最優秀支部の君津支部及び最優秀事業所の榎本運送㈱ 本社営業所が表彰されました。続いて、昨年10月23.24日に開催されました「全国トラックドライバーコンテスト」においてトレーラ部門で優勝されました㈱日立物流首都圏 輸送営業所 清田恭平選手を紹介し、その栄誉を称え角田会長より記念品の贈呈をいたしました。

基調講演として、三井住友海上火災保険㈱ 齋藤英樹様より「『健康経営で事故防止』~SDGsが道しるべに~」と題し、ご講演を頂きました。

大会の締めくくりとして青年部会 古川毅彦部会長より大会決議(案)の発表があり、満場一致で採択されました。

最後に、例年会場全員で気運を盛り上げるべく行う『シュプレヒコール』を、今回はコロナ禍ともあり、マスクは外さず、参加者はジェスチャーのみで執り行いました。当協会副会長であり事故防止・環境対策委員長である齋藤政雄委員長が中心となり、声を出せないというやりづらい状況ではありましたが、事故防止・労働災害の撲滅に向けての誓いを気持ちに込め会場全体を一つにし、大会も盛況のうちに終了いたしました。今大会にご理解・ご協力を頂きましたご来賓の皆様、また大会にご参加頂きました会員事業者の皆様、関係者の皆様誠にありがとうございました。

令和元年度 交通事故・労働災害防止大会

令和2年2月18日(火)TKPガーデンシティ千葉にて交通事故労働災害防止大会が開催されました。
 当日は、会員事業者・来賓の方々を含め、総勢600名を超えるご参加を頂きました。
 大会では、Gマークラッピング協力事業者に対し、㈱太平洋エクスプレス殿・柳澤運送㈲殿・共同通運㈱殿へ全ト協 入谷審議役より感謝状が贈呈されました。
 その後、「セーフティチャレンジ2019」最優秀支部(君津支部)、最優秀事業所(㈱ヤグチ物流 本社営業所)の表彰を行いました。

 続いて、昨年10月26,27日に開催された「全国トラックドライバーコンテスト」において女性部門で優勝された日立物流首都圏㈱ 千葉北営業所 渡邊圭子選手、11t部門第3位入賞された日本通運㈱ 千葉コンテナ事業所 足助 敏選手を紹介し、記念品の贈呈を行いました。

 事例発表・基調講演を行い、大会の締めくくりとして青年部会本部長 古川毅彦氏より大会決議の発表があり、満場一致で採択され、事故防止・環境対策委員長である齊藤副会長を中心に会場全員でスローガンのシュプレヒコールを行い、再度、事故防止・労働災害の撲滅に向けての取組みを誓い、大会が終了いたしました。
 今大会にご協力頂きました支部事務局の皆様及び大会に参加頂きました会員事業者の皆様並びにご来賓の皆様方、誠にありがとうございました。

平成30年度 交通事故・労働災害防止大会

 平成31年2月19日(火)TKPガーデンシティ千葉にて交通事故労働災害防止大会が開催されました。
 当日は、会員事業者・来賓の方々を含め、総勢550名を超えるご参加を頂きました。
 大会では、Gマークラッピング協力事業者に対し、丸文運送株式会社へ感謝状が贈呈されました。
 その後、「セーフティチャレンジ2018」最優秀支部(君津支部)、最優秀事業所(株式会社トッキュウ 関東営業所)の表彰を行いました。

 続いて、昨年10月27,28日に開催された「全国トラックドライバーコンテスト」において11t部門第3位入賞された日通千葉貨物運送株式会社 茜浜事業所  櫻井 岳雄選手を紹介し、記念品の贈呈を行いました。

 事例発表・基調講演を行い、大会の締めくくりとして青年部会 石原敏和幹事長より大会決議の発表があり、満場一致で採択され、事故防止・環境対策委員長である齊藤副会長を中心に会場全員でスローガンのシュプレヒコールを行い、再度、事故防止・労働災害の撲滅に向けての取組みを誓い、大会が終了いたしました。
 今大会にご協力頂きました支部事務局の皆様及び大会に参加頂きました会員事業者の皆様並びにご来賓の皆様方、誠にありがとうございました。

 

千葉テレビにて大会の模様が放送されました。

 

トップへ戻る